尼崎市で口コミ人気のばらんす整骨院・整体院|ランナー膝なら

受付時間

ばらんす骨盤整骨院 0120862550

ランナー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  •  ストレッチをしても効果を感じない
  •  膝が痛くて走れない
  •  この先、痛みが取れるか不安だ
  •  階段を登ろうとして痛みがある
  •  シップや薬では改善しない

ランナー膝の原因とは?|尼崎市 ばらんす骨盤整骨院

ランナー膝は、正確には「腸脛靭帯炎」と言います。 腸脛靭帯という靭帯は太ももの外側の筋肉です。

①小指重心
②太ももの緊張クセ
③骨格のゆがみ

この3つにより、腸脛靭帯が癒着し、こすれたりします。膝の曲げ伸ばしをするたびにこすれて摩擦が生じるため、その回数が増えるほど炎症が発生しやすくなります。

炎症は膝の外側で発生することが多いですが、まれに足のつけ根の大転子部分にも起こります。また、登山や階段の上り下り、特に下りの動作で負担が大きくなり腸脛靭帯炎が発症しやすくなります。ランナー膝の痛みの原因は太もも外側の腸脛靭帯の炎症です。炎症は治るまで待てば痛みは引いてきます。しかし、悪いクセがあると、また再発します。そのため、痛みが出ない体づくり、つまり、

①重心を直し
②悪いクセを整え
③骨格の歪みを整える

ことが重要になってきます。

マッサージだけではその場限りの施術になります。

シップや痛みどめでは、根本原因は改善されず、少しずつ悪化します。そのため、「姿勢」「ゆがみ」「クセ」を直し、根本的に解決することが重要です。

当院のランナー膝施術方法|尼崎市 ばらんす骨盤整骨院

当院の施術者は全員、国家資格を取得しております。そして骨格のゆがみ、姿勢を徹底的に調べ、患者様のクセを見つけます。その悪いクセが膝に負担をかけていることが多いです。痛みの原因をあなたの身体に直接聞きます。それにより、本人自身も気づかない原因も理解して頂きます。そして、骨格・骨盤をメインにゆがみを一つ一つ直すことで、体幹の筋肉が使えるようになり、元に戻らない体、生涯寝たきりにならない体作りまでを考えて施術を行います。

 

改善の5つのステップ

1、ヒアリング

まずはヘルニアに対して、ヒアリングをしっかりさせて頂きます。

しっかりヒアリングすることで、患者さんのことを知る事が大切だと考えています。

2、検査

そして徒手検査と姿勢分析によって患者さんの体をしっかり診させて頂きます。

そこで、骨格のズレや、重心の歪みを診ていきます。

3、説明

ヒアリング・検査をした上で、患者さんの悩みや不安が解決できるかを説明させて頂きます。

4、施術

筋肉の硬さ、骨格の歪み。筋膜の硬さ、インナーマッスル弱りが原因となることが多いです。

施術により、足から骨盤、背骨、腕、首のゆがみを矯正していきます。必要ならはり灸も行います。そして、将来悪化にならないよう、最大限の治療を提供させて頂きます。

5、治療計画

施術後に何が原因なのか、姿勢の悪いクセはなんなのか、セルフケアはどうすれば良いのか、どれくらい通えば良いのか、、、などその方にあったプランを提供させ頂きます。

尼崎のばらんす整骨院の施術は、一人一人違った、オーダーメイドの治療です。

ランナー膝でお悩みの方は、ぜひ、尼崎のばらんす整骨院にお越しください。

お問い合わせ

ばらんす鍼灸整骨院

外観

0120-862-550

住所
兵庫県尼崎市神田中通4-88-2
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間

ばらんす鍼灸整骨院

外観

0120-864-103

住所
大阪市淀川区十三本町1-13-12
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間