尼崎市で口コミ人気のばらんす整骨院・整体院|脊柱管狭窄症なら

受付時間

ばらんす骨盤整骨院 0120862550

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 休み休みでないと歩けない
  • 立ったり歩いたりすると下半身にしびれが来る
  • 前屈みになると痛みが和らぐが、まっすぐ立つとまた痛くなる
  • 時々尿漏れするようになった
  • 手術しないと治らないと言われたがしたくない

脊柱管狭窄症はなぜ起こるのでしょうか?|尼崎市 ばらんす鍼灸整骨院

脊柱管とは背骨内部の管のことで、脊髄が通っています。脊柱管狭窄症とはこの管が狭くなる病気で、脊髄に圧力がかかることから腰痛や脚の麻痺などが起こります。

西洋医学では、主に加齢によって骨や靭帯が変性することが原因と考えられています。

しかし、東洋医学では加齢を原因とは考えません。
根本の原因を、以下の3つに分けて捉えています。

①姿勢の悪さ
②重心の崩れ
③体幹(姿勢を保つための筋肉すべて。インナーマッスル)が弱い

脊柱管狭窄症は50代以降の発症が多いですが、これは加齢による変性というより長期間の悪い姿勢や運動不足によるものと判断しています。つまり、年齢に関係なく正しい施術を行なえば、症状を軽減させることも可能なのです。

脊柱管狭窄症が治らない・悪化する理由|尼崎市 ばらんす鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症は、西洋医学で完治することはまずありません。対処療法なので、リハビリやコルセット、血流改善薬や神経ブロック注射などが主です。

これでは、治療を止めたらすぐ逆戻りです。また、歩行困難になった場合は手術となりますが、必ずしも成功する訳ではありません。

当院では、姿勢や重心、体幹を整えることこそ、この病気の本質的治療と捉えています。

脊柱管狭窄症の施術方法|尼崎市 ばらんす鍼灸整骨院

1、ヒアリング

まずは痛みやしびれに対して、ヒアリングをしっかりさせて頂きます。

しっかりヒアリングすることで、患者さんのことを知る事が大切だと考えています。

2、検査

そして徒手検査と姿勢分析によって患者さんの体をしっかり診させて頂きます。

そこで、骨格のズレや、腰の歪みを診ていきます。

3、説明

ヒアリング・検査をした上で、患者さんの悩みや不安が解決できるかを説明させて頂きます。

痛みがつらい場合は、すぐに施術をします。

4、施術

筋肉の硬さ、骨格の歪み、筋膜の硬さ、を分析し、施術により、骨盤、背骨、腕、首のゆがみを矯正していきます。

必要ならはり灸も行い、最大限の治療を提供させて頂きます。

5、治療計画

施術後に何が原因なのか、姿勢の悪いクセはなんなのか、セルフケアはどうすれば良いのか、どれくらい通えば良いのか、、、などその方にあったプランを提供させ頂きます。

当院の施術は、一人一人違った、オーダーメイドの治療です。

お問い合わせ

ばらんす鍼灸整骨院

外観

0120-862-550

住所
兵庫県尼崎市神田中通4-88-2
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間

ばらんす鍼灸整骨院

外観

0120-864-103

住所
大阪市淀川区十三本町1-13-12
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間